生き方・人間関係のヒトコト哲学 25 【小手先の人間をやめるための哲学】

f:id:shanti2003:20170530161100j:plain

本橋良太です

哲学シリーズ 生き方や人間関係 を簡潔にまとめました

 

  • 人の顔色ばかりをうかがう人生でよければ、小手先を捨てる必要はありません。
  • 自分が生まれたときに、これから「小手先の人生で生きる」と誓っている人は存在していないはずです。
  • 小手先のメンタルは、迎合のみです。迎合していて大切な人を真に守れることはないのです。
  • 小手先は本当・本物ではないので、常に何かを必要としていて依存することになり、自身の弱さから卑屈になるのです。
  • 言いにくいことでも、大切なことであれば、相手の目を見て伝える行いが小手先の人生から解放してくれます。
  • 小手先の人をリスペクトする子どもも、女性も存在しません。悪党(見た目は悪に見えない人たち)に目をつけられるのが落ちとなります。
  • 本当を追及しない人は、充実した人生と無縁となるのです。

 

ご覧頂きありがとうございます