親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

タトゥーを入れてしまう人の心理

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170619182625j:plain

 

心の弱さを受けいれる自分を、許さないための傷(証)。

 

タトゥーを入れる人の心理は様々なので、簡単に否定できるわけではありません。

 

しかし、もし理想の自分を求めていて、現実(何かしらネガティブな行為をやめたくても、やめられない状況にいる)の自分に戻らないための傷(証)としてタトゥーをいれるのであれば、絶対にやめるべきです。

 

なぜなら、タトゥーを入れたにもかかわらず、理想の自分とは離れた行為を積み重ねてしまった場合、ひどい自己嫌悪に陥ってしまうからです。自己評価が下がれば、さらに下の階層に転落する可能性が高いのです。

 

転落した場所は、間違いなく今の現実よりも地獄です。

 

自身の過ちに気がついているという時点で、すでにその問題に対しての解決の光は心に届いています。だから理想の自分を意識できるのです。

 

やめたい、でも、やめられない自分を許す。理想をもっている自分を尊重して、同じ過ちを繰り返してしまったとしても、許す。許す。許す。

 

許しきれば、必ず現実は理想の状態に近づきます。

 

タトゥーをいれる前に、自身に対しての許しの挑戦をぜひして欲しいと、願っております。

 

 

ご覧頂きありがとうございます