毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

【学校関連】幸せじゃない先生は、魅力ないですよ

☆「こんな大人にはなりたくない」や「言うことを聞いていたら、将来この人みたくなるの?」と思わせる先生からは学びたくない、そして学ぶ必要もない。

 

☆学校の先生だからといって、本物の先生には勝手にはなりません。先生は『生徒を先生』に出来て先生だからです。子どもを尊敬出来ない、未熟としか評価できない先生は、反面教師です。全生徒はそのことを熟知しています。

 

☆学校の先生の言っていることが、世の中の正しさや生きる術を全て網羅しているのであれば、結婚したい職種NO.1のはずです。しかし、現実はそうではありません。

子どもは誠実に、先生の話を半分聞ければよいのです。もっともっと楽しい大人が、世の中にはたくさんいるからです。もちろん、とても魅力的な先生もいます。

 

☆今現在まで、出会えていません。

「学校の勉強がなぜ大事なのか?将来、どこで役立つのか?」というシンプルな質問に、誠実で明快に答えた先生に。それなら、なぜ教えているのでしょうか? これからを背負う未来の子どもたちに。

 

☆お金持ちになった後の、幸せになる方法を教えてくれる先生は、ほぼいません。実は、先生も不幸な人が多いから教えられないだけなのです。

 

☆学校の先生がまずやる事は、自分が『最高に幸せ』になることです。幸せじゃない人の話を、子どもは本気では聞けないからです。

 

★嫁の感想

学校で習ったことが今の生活に役立っているのは、足し算・引き算・家庭科ぐらいかな。接客業しているから敬語も役立っている。体育・音楽・技術家庭は好きだったから、授業は楽しかったけど・・・。嫌いな教科、特に歴史は役にたってない・・・(-_-;)

一番教わりたかったのはコミュニケーションの取り方と、自分が世の中に役に立つ人間であること。

はやく、このねじ曲がった世の中が終わって、ちゃんとした教育がされる時代になりますように。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁