毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

【毒親】毒親のままだと、「子も毒親になる」or「子に捨てられる」 どちらかです

☆子どもに、「これをやってあげた、あれもやってあげた」という親があげていないものは、関心という愛情です。

 

☆子離れできない母親は、動物よりもかなり未熟です。

 

☆子どもよりも大人の方がはるかに問題なのに、そのことを意識して生きている大人の数は少ない。少なすぎる。

 

☆大人になってからは一つも勉強していないのに、子どもに「勉強しなさい」というのは不誠実です。子どもはその不誠実さを確実に学んでいます。

 

☆将来、自分の老後の面倒を見てもらう気持ちで、子どもを産む・産まないの考えや話をしている時点で、親以前の問題で人間性が低過ぎるのです。

温かい家庭とは無縁となること、間違いなし。

 

☆子どもに捨てられる生き方をしてきたから、捨てられたのです。

 

 

★嫁の感想

毒親ではない人は、子どもに捨てられることはないでしょう。きっと、上手に子離れが出来ているから。

毒親なのに、子どもから捨てられていない場合は、既にその子どもも毒親になっている、もしくは毒親になる可能性が高い、しっかり洗脳されている状態でしょう。毒親家系にどっぷりつかっているため、捨てられていないだけ。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁