親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

【毒親】恐怖!毒親家系 誰かが断ち切らなければねずみ講式に毒親が増幅

この記事をシェアする

毒親とは、親子関係の『負の連鎖』を意味しています。

毒親に育てられた子が親になった時、毒親になる可能性が非常に高いという事。

誰かがその事に気づき、その『負の連鎖』を断ち切らなければ、そこの家系は永遠と毒親になり、ねずみ講式にどんどん毒親が増えていきます。

 

毒親を辞めるとは、子どもだった自分と決別して成熟する、つまり大人になるという事です。

 

☆「自分は毒親かもしれない」と、自分に気づく姿勢があれば、毒親の治療は可能になります。

 

毒親の治療には、自分自身がアダルトチルドレン毒親関連の本を読んだり、ネットで調べたりして勉強する必要があります。

しかし、ほとんどの毒親は勉強なんてしません。理由は、『毒親を克服=子どもを辞める』です。大人にならなければならない恐怖を、心のどこかで抱いているから。もしくは、本人が毒親と気づいていない。

 

 

毒親に愛が無いのではありません。劣等感・自己無価値感で、愛情を表現することが出来ない状態になっているのです。ただ、他人に何とかしてもらおうとしても無理です、まずは自分自身を愛情深く許すことをしないと、我が子にすら愛情を表現することは絶対に出来ません。

 

☆どんな関係であっても、人と人との間に『誠実』のみを基準として生きることで、毒親の未熟さは必ず減少します。なぜなら、毒親は人との関係において、『無責任な甘え依存の欲求が見えない・見ない』のが基準となっているので、その基準を『誠実』に変える必要性があるのです。

 

★嫁の感想

息子が幼児の時に、母親と同じような子育て方法をとっていました。私自身が、とてもイヤな思いをしたのにも関わらず。

ただ、それは仕方がないことなので、親からそうやって子どもを育てるものだと教育され、それしか知らないから。だから勉強が必要なのです。別の知識を取り入れないと、自然と親と同じ子育てをしてしまうのです。

気がついたのなら、是非、毒親家系を断ち切って下さい。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁