読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子問題&人間関係の追究

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究、そして自身も毒親にならないために苦悩中、思春期真っ只中の息子関連をブログで紹介

一流大学卒業じゃなくても、大企業に勤めてなくても、いい男になる。

いい男の条件

  • 簡単にはいい男にはなれないけれど、まずはいい男であろうとすることはできるはず
  • くだらない男にならないよう、ひたすら頑張る
  • どんなにお金を積まれても、それが自分にとってやらなくていい事やりたくない事なら、笑って断れる人間になるために成長を求める
  • 女性を一生懸命愛そうと努力する。(夢を追いかけているだけなら、子どもです。「ヒーローになりたい!」からあまり成長していません)

  • 24時間365日戦う覚悟があればいい。息抜きしてても、寝ていても、戦い続ける覚悟。(とても大変だけれど、本当の本当に愛せる女性が側にいてくれたら、持てる覚悟。)

 

男は女が必要

男は恥をかくともの凄く精神的に強くなり、心が成長します。恥をかいた経験がトラウマになり、「次は決して恥をかかない」と前向きになるからです。

でも、誰だって恥なんてかきたくありません。「恥をかく勇気を持て!!」と叱咤されてもハッキリ言って無理です。

では、どうするのか? 本当に心から受け入れて愛してくれる女性が必要なのです。素晴らしい女性が側にいれば、男は裸踊りだってできるはず。
その素晴らしい女性というのは、自分の生き方にいつも微笑んでくれる人です。そのような女性がいてくれたら、この世に怖いものがなくなります。

自分の生き方に微笑んでくれる女性には、強がらないことです。強がらなければいけない時は、その女性を守る時だけで十分。 

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁