読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病を自力で乗り越えた、夫婦の気付き

夫が10年かけて本を読み勉強した知識や、13年間の結婚生活の中で起きた様々な問題(心療内科に頼らずに自力でうつ病を克服や、お互いの親と離別)を夫婦で乗り越え、そして気づいたことと、思春期真っ只中の息子関連を載せています

毒親レベルの高い親だったら、絶対に離れるべき

親子関係

毒親は、子どもの人生をコントロールしようとします。放ってしまうと、コントロールは親が生きている限り続きます。早く離れなければ、快活な人生は始まりません。

 

☆大丈夫。親と離れても必ず一人で生きられます。手助けはあっても、一人で生まれてきたのだから。

 

☆大人になれば親がいなくても生きて行けますが、毒親と一緒では(幸せに)生きて行くとこはできません。

 

毒親は子どもの人生だけではなく、子どもの大切な人の人生もメチャクチャにします。

 

毒親に『子どもを尊重する』という言葉も心も、残念ですがありません。

 

毒親には、会わない・断固断る しか正しい対処法はありません。

 

毒親は、将来必ず不幸になります。一緒に暮らしていれば、道連れにされます。

 

毒親から人生を取り戻すには、最後まで一人で戦う覚悟が必要。最後まで一緒に戦ってくれる人がいれば、最高‼

 

★嫁の感想

特に毒親レベルの高い人は、子どもが自立するのを嫌がります。そのため、どんな手を使ってでも自分の側にいさせる努力を必死にしてきます。当然、良い親になりすますことも、平然としてきます。

それでも惑わされてはいけませんよ。

本人が「自分は毒親だったんだ」と本気で気づかない限り、上辺だけの変化でしかないのだから。「良い親になった」と勘違いして親の元にすぐに戻ってしまうと、あっという間に毒親に元通り。また1からやり直し・・・。数年、10数年かけて戦うつもりで、親から離れる覚悟を持つ必要があります。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁

こういう人も毒親です

親子関係

☆世間体に過度に怯えている人は、毒親の特徴の一つです。

 

☆夫婦の間が上手くいっている人に、毒親はいません。毒親なら、一見上手くいっているように見えるだけ。

 

☆子どもの幸せどころか、利用するしか考えない・利用すること自体、悪いこととも感じていない人は、毒親です。

 

毒親が欲しいのは、大きく2つ。

1.『子どもにとって自分が必要な存在である』という自己への価値観。

2. エネルギー

1はいくばしかの劣等感を癒し、2は無いと身体の病気になります。

なので、毒親は子どもに劣等感をもたせ、自分から離れないようにコントロールするのです。

 

毒親は子どもの幸せを、本当には願っていません。願えない・願う事が出来ないのです。なぜならば、親自身が不幸せだからです。

不幸せな人は、幸せな人・幸せそうな人を許せないから・・・。

 

★嫁の感想

私自身も不幸せと思う時期が長いことありましたが、当然、他人が幸せなのが受け入れられませんでした。「なんで私ばっかり」と悲しみと怒りが混ざった感覚です。

自分自身もそういうネガティブな感情は不幸を助長しますし、毒親にもなってしまいます。

まずは自分が幸福になる生き方をしましょう

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁

毒親なら、離れて暮らした方がいい

親子関係

☆不安でも、一人で生きる覚悟を持てば、毒親と離れることが出来ます。離れたら、たぶん・・・、高い確率で恨まれると思われます。しかし、人は本来一人で生きなくてはならないし、また一人で生きる力も持っています。親も同じ。人生を快活に楽しむために、一人で生きようとする自分を始めましょう。

 

毒親に何を言っても、子どもの想いは伝わりません。

お互いに理解しあう事を望むより、まずは離れて距離を置く方が先です。ただし、毒親は子どもが離れていくのを非常に恐れているので、ポジティブな事を言ったり、上辺だけ反省してみたり、ネガティブな事を言い脅したり、いろいろな方法で邪魔をしてきます。

 

毒親は、自信を毒親だと認めません。「あなたは、毒親だ‼」と指摘しても無駄ですし、かえって酷い報復があったりします。毒親だと気づいたら、何も言わず、可能であれば自分の力だけで、別々に暮らす計画をすぐに始めることが大切です。

 

☆離れて暮らしていても、毒親だとしょっちゅう押しかけてくることも多いでしょうが、何度来ても必ず断り続けなくてはなりません。一度でも受け入れてしまうと、「何で、この前は受け入れたのよ‼ それなら、受け入れてもらわない方がよかった。」などと逆切れされたり、いつまでたっても、親の方が強い間柄のままです。

 

☆親と縁を切って生きる。何が悪いのでしょうか? 毒親ならなおさら。

子に切られても「自立した」と我が子の成長を喜ぶのが、親の本当の姿です。(こういう親なら、縁を切られることはないと思いますけどね。)

 

★嫁の感想

「何で、この前は受け入れたのよ‼ それなら、受け入れてもらわない方がよかった。」というセリフは、まんま義母が夫に言っていました。

子は、どんな親でも嫌いになる事はできません。ニュースでよく聞く虐待されている子どもも、殺されそうになっていても親をかばいます。特に男の子は母親と縁を切るなんてありえません。

だから、夫は非常に母親との関係を何とかしたかったのですが、この言葉を言われてからだいぶ吹っ切れたようで、断絶を決めました。

悩んでいる方、勇気を持ってみて下さい。自分の大切な人生ですからね。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁

1年生最後のお弁当 明日は修了式

男子中学生のお弁当


f:id:shanti2003:20170323125026j:image

のり弁

豚肉のネギ塩ダレ

ピーマンのおかか和え

じゃがいものチーズガレット

厚焼き卵

 

 

息子が中学生になってから始めたお弁当作り

(ブログを始めたのはは10月21日からです)
f:id:shanti2003:20170323130205j:image 
マンネリ防止のために、5月2日から取り始めた写真

 

料理が苦手な私が、ま~、よく頑張ったと思います。お弁当を作らなかったのは、息子から買弁要請があった時だけで、片手で数えるぐらいです。

そういえば、最近、朝お弁当を渡すとき「ありがとう」と、言ってくれるようになったな~(*´ω`*)

明日から約2週間お弁当作りがお休み、また来年度も母の愛情を弁当頑張って作るために、一旦はリフレッシュしときますか

(๑•̀ㅂ•́)و✧

もう少しで春休み

男子中学生のお弁当

3月21日(火)
f:id:shanti2003:20170321143527j:image

キャベツと大葉とチーズの豚肉巻き

赤パプリカのバター醤油

焼きポテト

厚焼き卵

 

3月22日(水)
f:id:shanti2003:20170322081705j:image

鶏胸肉の磯辺揚げ

パルシステムのソーセージ

人参のナポリタン風

ピーマンのナムル

厚焼き卵

 

春の3連休は全て仕事。最近は繁忙期で3日間とも満室でした。今回の週末は従業員がちゃんとそろっいたのですが忙しいかったので、昨日はブログ更新できませんでした。

 

そんなこんなで、明日・明後日で学校は終わり。あっという間に春休みです。明日も頑張ってお弁当作ろっと。

 

夫:本橋良太の今日のつぶやき

本橋良太

  • どんなに苦しいことがあっても、次の準備をするだけでその苦しみの半分は解決したようなものです。 
  • 義務を放棄すると、その義務が利息をつけて追いかけてきます。
  • プロ意識がないということは、仕事ではないということです。事に仕えるから仕事です。 
  • 世間の人と同じ程度のことを言っていたら、世間が困っているときに自分も困ります。 
  • 今だけ楽しいことよりも、しんどいけれど成長できることのほうが、後々はもっと楽しい。 
  • それを恐れて良い理由は存在しない。 
  • 成長が止まっている人は止まっていません。落ちているのです。 
  • 「当然だと思っている」、言っている時点で魅力がない。 
  • 不潔は他人にうつります。 
  • 未来を共有できない人と、いつまでも幸せに交際することは不可能です。いつか 気づき、別れが来ます。
  • 未来を提案する姿勢は、人間関係の根源であり誠実さでもあります。
 
ご覧頂きありがとうございます
 
文:夫  記事UP:嫁

安定した人生とは、向上心を持って変化し続けないと得られない

自分との関係

☆本気で変わりたいと思えない人は、今の不幸はたいして不幸ではないという事。

 

☆変わらない人生を、『無難』と評価する人は多いです。しかし、変わろうとしなければ『難』が無いどころか、転落が待っています。実は、変わろうとする人が『無難』なのです。時代の変化に対応できるからです。

 

☆『変わらない』という事は転落する人生を、受け入れている状態という事になります。気づいているか気づいていないかではなく、変わるか変わらないかです。

 

☆変わるとは、自分のダメな部分を受け入れてから始まります。

 

★嫁の感想

この『変わるのか、変わらないのか』という話は、私よりも早く変化することを始めたパパに「このままだと、転落するぞ」と脅されていました。変化を求めいない時は転落しているのかすら分からなかったけど、向上心を持って生活できるようになると、周りにいる変化を求めない人が、世間や時代に振り回されているのが分かるようになりました。正直、幸せそうには見えません・・・。

変化し始めると、良く思わない人が邪魔をしてきます。今の付き合い方のままでいて欲しいから。それでも、変わることを諦めないで行い続けると、幸せな人生が送れるよになりました。大変だけど、これからも向上心を持って変化し続けようと思います。

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁