メンタルケア 心の119番

心にかかわるすべてのことを

今日の言葉【No21 愛がない自分を見つめると愛は増える。】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20180709092050j:plain

【No21 愛がない自分を見つめると愛は増える。】

2018年7月29日(日)

 

自覚できる愛に意味はありません。

「私はあなたを愛している」と誰かを抱きしめる自分は無視しても大丈夫です。

表面的な行いに愛は宿りにくいからです。

 

子どもが「お母さんは、ぼく・わたしを愛している?」と聞きました。

お母さんは「もちろん、愛しているよ」と答えます。

とても大事で心あたたまる家庭の場面です。

 

子どもがお母さんの言葉に満足できたら、幸せです。生まれてきて良かったなと思います。

 

しかしお母さん・お父さんは自分の「愛しているよ」の言葉に酔ってはいけません。子どもを愛する気持ちのなかに、実はまだ「愛せていない部分」に関心する姿勢が愛を増やしていくからです。

 

表面的な愛している部分ではなく、潜在的に愛していない部分に気づこうとする意識が重要なのです。独善は愛ではなく盲目だからです。

 

盲目は人生の真実をくもらせていきます。

私たち人間は「本当・本音」からしか幸せを構築できないのです。

 

愛が無限であるならば、愛の向上に限界はないということ。

もう十分愛しているという気持ちは十分に愛していない証です。

知りたくはない現実、信じたくはない自分に気づくことで愛は増えるのです。

 

本橋良太

 

 

 

 

2018年2月14日にて無料電話カウンセリングは終了いたしました


2018年5月31日にて無料メールカウンセリングは終了いたしました