親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

家庭問題の解決エッセンス 5 【家庭の幸福を狙う、わがままな身内ゾンビの対処法】

この記事をシェアする

 f:id:shanti2003:20170809145422j:plain

 

答えは、関係を切るだけです。

関係を切る条件は、私情ではなく自分と自分の家族を守るためです。

 

★幸福な家庭にはエネルギーが必要★

家庭には衣食住の保全だけではなく、精神的エネルギーが多大に必要になります。

とくに安らぎを感じる、調和した家庭をつくるためには心の余裕と、家族にたいして大量・高品質なエネルギー(関心する心)が絶対に不可欠です。

 

では、エネルギーとはなんでしょうか?

それは、家庭をすばらしい場所にするという想いをさします。誰でももっているものです。

このエネルギーがない状態では、家庭における「今」の現実的な問題に取り組むことは、はっきりいって不可能。「今」の問題を解決しなければ、未来への借金として家庭問題を抱え込んでいき、将来とんでもない大問題をひき起こす原因になります。

 

この大切なエネルギーを、「わがままな身内ゾンビ」に奪われてはいけないのです。

不誠実な人間は、身内という盾をつかいさまざまな形でエネルギーを無意識に奪っていき、その家庭を不調和にさせてしまいます。

なぜなら、そのような人たちはとても不幸であり、その自分の不幸の原因を他人のせいにし、自身の責任を放棄している不誠実な人間性をもっているからです。

 

★身内ゾンビから家庭を守る★

家庭を始めたい人、すでに家庭を築いている人も気をつける必要があります。

「わがままな身内ゾンビ」が一番求めているのは、家庭を調和させるためのエネルギーなのです。

エネルギーは目に見えません。なので、「お金や物ではないなら奪われても平気かな?」と思ったら大間違いす。やる気、元気、エネルギーという『気』が無くなったとき、人の生命体は死ぬのです。

エネルギーを奪われた人や家族は、イライラし怒りやすくなり不安も増えていきます。公私にわたり小さい問題から大きな問題が増え、素晴らしい人間関係が疎遠となっていきます。

そして、無気力やウツなどにかかってしまい廃人のようになったり、大きな事故・事件に巻きこまれる人もいます。

 

たとえば、親が目を離したスキに子どもが大ケガをしたり、他者を巻き込むようないたずらをするときがあります。不思議な話ですが、このことが家庭にたいするエネルギーや関心と密接に関係しており、気が子どもへ届かなかったために起きたことなのです。

 

 

★最後に★

「わがままな身内ゾンビ」(身内以外でも存在はします)は、この親のエネルギーを根こそぎ奪っていきます。

奪っても、奪っても満足することはありません。そのため、少しでもエネルギーが増えると、すぐにまた奪いにやってきます。そのことが「ゾンビ」と称した理由です。

 

人の人生や、家庭の調和という観点から妥協できる部分などは、一切ありません。

快活な生活をおくるうえで、エネルギーは無視できないのです。なので、たとえ自分の親・義理の親・兄弟姉妹・親戚が「わがままな身内ゾンビ」であれば縁を切らなければなりません。

 

親兄弟親戚は、大切にしなければいけないとういうのは、何も助けてくれない世間の常識なだけであって、一番大切なのは自分と自分が選んだ家族です。

 

 

たくさんのご家庭が幸福になれることを祈って

本橋良太

 

ご覧頂きありがとうございます