親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

家庭問題(親子・夫婦等)ヒトコト哲学 49 【奥様の言葉をそのまま聞いているだけでは嫌われます】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170525163242j:plain

本橋良太です

哲学シリーズ 家庭問題 主に親子や夫婦の関係について、簡潔にまとめました

 

 

男性は真っすぐな性格(悪くいうと単純)をしている人が多いため、表面上の言葉をそのまま聞きいれます。そのため、奥さんの「ありがとう」という言葉に、旦那さんは「感謝しているんだ~」とシンプルに判断してしまいます。

 

しかし、女性は怒りの気持ちをこめたまま、「ありがとう」ということができるのです。

「もっと私にかまって欲しい!」という気持ちをもちながらも、「満足しているわ」ともいえてしまいます。 

つまり、自分の繊細な気持ちを、シンプルな言葉のなかに込めることができるのです。

 

嫌われてしまう旦那さんは、内心では激怒している奥さんの表面上の言葉をそのまま受けとり、判断を誤り信用を失っているのです。

 

ではどうするのか?

奥さんの言葉だけ聞くのではなく、顔の表情、目の表情、体が緊張していないのか?(ネガティブな感情は体を固くさせる)、雰囲気はどうか? などなど。

奥さんの繊細な感情に関心をもち、判断することが大切です。

 

どうしても男性は、女性よりも感受性が鈍いため、女性の微細な感情の動きをとらえることが不得意です。

懸命に奥さんの感情に関心をもち、そして感じていると「ありがとう」といった言葉の裏に、実は昨日のささいなケンカを引きずっていて「まだ怒っているな」などが、すぐにわかるようになります。

 

夫婦円満な家庭は、子どもの心も健やかに育つようになります。奥様の言葉の裏側に、ぜひ関心をもってみください。

 

ご覧頂きありがとうございます