家庭問題(親子・夫婦等)ヒトコト哲学 38 【 安易さを捨てて,家庭をもっと丈夫にする】

f:id:shanti2003:20170525163242j:plain

本橋良太です

哲学シリーズ 家庭問題 主に親子や夫婦の関係について、簡潔にまとめました

 

  • 子どもだからと,軽く評価してはいけない。子どもを幼いという理由でからかったり、低く判断する人に、マトモな大人は存在しないと知ること。
    子どもが、大人になったときのトラウマ返しの原因となる。

  • 立場の強い人の権利は気をつかわないで、立場の弱い人の権利に気をつかい繊細に考え実行する。
    ☆権力をもっている人にエネルギーを与えすぎると、土台が弱くなり崩壊する。どんな組織でも。

  • 本当に家族は納得しているのか、ずっとずっと気にする。
    ☆気にしなくなったら、安易ということ。

  • 「ありがとう」「ごめんなさい」の本当を気にする。
    ☆ウソで家庭が丈夫になることは一生ない。あと、誤魔化しも。

  • 「誰々が、あなたを悪く評価していた」という問題を、不誠実な心で話す人が家族にいても、その人を放置していたら家庭はいつか崩壊する。
    ☆ウワサ話は家庭崩壊の温床。 

 

ご覧頂きありがとうございます