毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

アダルトチルドレンの問題について考えてみました

f:id:shanti2003:20170608142737j:plain

 

☆アダルトチルドレンは、「アダルトチルドレンを必ず克服する」という覚悟が、一番初めに必要です。

覚悟がなければ、具体的なアドバイスの有用性を受取れません。

 

☆毒親育ちと、アダルトチルドレンの問題は、密接に関係しています。

 

☆意識している人、無意識な人でも、アダルトチルドレンを患っている人は、幸せになるストッパーがついてしまっています。

 

☆アダルトチルドレンは、心が成熟していないため人間関係において、健全なコミュニケーションの継続がとても難しいのです。

 

☆なぜ、アダルトチルドレンは不幸せになりやすいのでしょうか?

それは、無意識に大人としての責任から逃げてしまうからです。心が成熟していなければ、人は気づかないといけない責務に気づこうとはせず、無責任な状態を選択してしまうからです。

 

☆アダルトチルドレンとは、子どもの心を持っているのではなく、責任の果たし方を修得できないまま大人になり、大人のフリをして生きている人のことなのです。

大体の原因は、親、又は育ててくれた人にあります。

 

☆アダルトチルドレンを患っていると、出会いたいような人とは出会えず、出会いたくないような人とばかり出会ってしまう・縁があるようになります。

回復のプロセスとしては、アダルトチルドレンを認め、他に依存せず克服する覚悟をもつこと。アダルトチルドレンの専門知識を持つ人の勉強をし、実践することがあれば科の言うな範囲で行う。

また、心から支えてくれる人を大切にする。

当該の人がいない人でも、過去の人物(亡くなっている方 例え:祖母)や、物語の人物でも構わないので、自分を支えてくれる存在を大切にする。

 

☆アダルトチルドレンに対して偏見な意識を向ける人の、アダルトチルドレンレベルはとても高いと判断できます。

 

 

★嫁の感想

アダルトチルドレンという精神的問題は、幼少期~思春期に関わった大人の責任です。子どもの頃に一番関わるのは親なので、毒親育ち=アダルトチルドレンとなる訳です。 

ただ、自分がアダルトチルドレンと気がついたのなら、いつまでも親の責任にはできません。親に文句を言おうが、恨んだり妬んでも、アダルトチルドレンは克服しませんし、結局は、幸せにするのは自分自身しかいませんから。

克服するのには、長い長い年月が必要としますが、必ず自分らしい生き方を見つけ幸せになれる日が訪れます。大丈夫です、自分を愛してあげてください

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

 

本橋良太