毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

生き方・人間関係のヒトコト哲学 22 【品を落としたくない人への対応哲学】

f:id:shanti2003:20170630180750j:plain

本橋良太です

哲学シリーズ 生き方や人間関係 を簡潔にまとめました

 

  • 例えばの話、本当の清潔と清潔感の違いを感じれない人は、品を失っていきます。体が実際に汚れているというよりも、日常の生活で不潔なことをしていない感が、品と関係しているのです。
  • ネットなどには、地獄絵図のような画像を確認することがあります。自分がそのような地獄の環境に似合うのか? 似合わないのか? という評価を、素直にすることです。他人からの評価も重要ですが。品がある地獄の住人など、存在しないからです。
  • 他者への気持ちにたいして無関心になってしまえば、どんなに自身を装飾しようが、礼儀を習得しようが、上品でいることは不可能です。
  • 品があるとは、最低限(以上)のマナーと、他者を労わる気持ちを持ち合わせている人のことです。
  • 例えばパーティ。どんなにゴージャスな洋服を着ていても、上等なマナーを会得していても、食材や働いている人への感謝の気持ちがなければ、下品です。
  • 微細な配慮のなさが、品の向上を抑制します。
  • 品がないと指摘されて感情的になるメンタルが、既に品格を失っている証拠なのです。

 

ご覧頂きありがとうございます