親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

家庭問題(親子・夫婦等)ヒトコト哲学 26 【家庭の崩壊の原因ついて】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170525163242j:plain

本橋良太です

哲学シリーズ 家庭問題 主に親子や夫婦の関係について、簡潔にまとめました

 

  • なぜ家庭が崩壊するのかを、大人が常に考えなければ崩壊する危険性は下がりません。
  • 実質、「家庭が崩壊している状態にあるけれど気づいていない」無意識の崩壊と、「知覚できる崩壊」があります。圧倒的に気づいていない崩壊のケースが多いです。
  • お金や世間的な評価に価値を求める家庭は、すでに崩壊している可能性が高いです。大事なことは体外的な評価ではなく、絆や人間性の尊さに価値の重きをおくことです。
  • 大人が子どものまま未熟であれば、成熟した家庭は不可能でしょう。成熟していない家庭での、安らぎも幸せもありません。
  • 家庭の崩壊は、すべて大人の責任です。子どもに責任はありません。
  • 目に見えない心のつながりよりも、目に見える物質的な事柄に価値をおく大人が家庭をつくれば、形だけの家庭になるだけです。崩壊する、しない以前の問題であり、もはや家庭はとはいえないでしょう。
  • 一緒に住めば家族・家庭ではありません。それはただの組織です。真に理解しあう姿勢がある家庭が、崩壊する訳がないのです。

 

本橋良太より

単純な話なんですね、家庭の崩壊は。

 

色々と書かせて頂きましたが、シンプルに家庭崩壊する家というのは、本当にはやさしくない親から起きるってことです。

 

子どもからしたら、本当に迷惑なお話です。

 

私も人の親です。がんばらなきゃいけません。

 

 

ご覧頂きありがとうございます