【毒親】『自分自身が毒親かも?』と気づいたら、これからやるべきこと

f:id:shanti2003:20170624152549j:plain

 

☆今まで、毒親として接してしまった埋め合わせをするのではなく、まずは真剣に反省することが必要です。

 

☆配偶者の力を、100%期待しないことが大前提です。

 

☆自分が依存している状態を認識して、いかに開放するかを思案します。

 

☆他人の責任を追及したくても、絶対にしてはいけません。

 

毒親は、自分の人生も家庭の運命も、確実に闇に導いていきます。

自信の毒親性に気づいたのであれば、『家庭の調和した状態は何か?』と、まずは自分だけで考えて結論を出す必要があります。

 

☆穏やかな精神状態ではない時に、自信の過ちの言い訳として、他の家庭における毒親性に対して憶測をしたり、意見を頭の中でさえしない事です。

 

☆毒親性は、放置しても良い状況になることは一切なく、いつか治るだろうという安易な気持ちでは、これからも引き続き家庭は崩壊に向かっていくという覚悟が必要です。

 

☆毒親性の解放は、必ず世の中に対して調和をもたらす素晴らしい挑戦になります。

自信を持ってください。

 

 

★嫁の感想

毒親レベルの高い親に悩んでいる人は、まず毒親というものが世の中に存在することをイヤでも認識するでしょうが、そうでない場合は気づくことはかなり難しいはずです。

しかし、自分が少なからず「毒親なのでは?」と感じることができて、何とかしたいと思っているなら、すでに毒親性の解放は始まっています。

気づけただけで素晴らしいと、私は思ってます。

 

 

ご覧頂きありがとうございます