毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

毒親育ちが理解されない世の中で幸せになる方法

f:id:shanti2003:20170622130306j:plain

 

☆毒親育ちをいくら他人に訴えても、理解されるには難しい時代です。

なぜなら、ほとんどの親が毒親だからです。

 

☆人に理解され、認知されないと息苦しい人間関係になってしまう状況が、毒親の毒にかかっている証です。

 

☆他人に理解を求める前に、必ず自分の心をあるがままに見つめて、自信を理解することが先です。

   

☆自分の毒親問題は、他人に理解を求めるよりも、他人が苦しがっている毒親問題を理解することが、結局は自分自身を救うことになります。

 

☆毒親育ちを訴えてもいい存在は、自分の親以外はいません。

暴力はいけませんが、直接毒親と対決することで、改善のプロセスが始まる可能性はあります。通常毒親は、子どもがどんなに真剣に訴えても本当の意味では相手にしません。こういった軽くあしらう態度は、さらに子どもの心を傷つけるケースも多いはずです。

しかし、対決の目的はお互いの存在を解放させることです。感情的になったとしても、さらにひどい親の態度を見ることになっても、1対1で向き合えば必ず依存から解放されるプロセスはスタートしているのです。

 

☆毒親問題を理解してくれる存在は、少なからずいます。

しかし、とても重要なことは、自分自身が納得するかです。

例えば、大切な人に「毒親に育てられて苦しかった」と打ち明けて、理解してくれるだけで満足であればよいのですが、難しい点もあります。理解してあげる人は幸せを得て、理解してもうおうとする人は、幸せになりにくい点です。

やはり、自己完結が毒親問題の一番の解決となるでしょう。

 

☆毒親育ちの問題が解決されないことは、とても苦しいことです。

しかし、理解されないことを諦めて解決する行動もとらないでいたら、ほとんどの人が満足する人生を送ることはできないでしょう。

まずは、毒親育ちで傷ついた自分の心を認め、許し、受け入れる。そして、実際に解決する方法を行う。自分が過去、親からうけた呪いを解放し納得できた状態で、他人に率直な気持ちをシェアする。この順番が大切です。

気持ちの解決が出来てない状態で人の理解を求めても、満足することはできません。

 

★嫁の感想

10年ぐらい前に、夫が母親との問題を祖母や伯母に相談していた時期があり、祖母も伯母も親身になって話を聞いてくれてはいましたが、最終的には「そんな子どもの頃の話なんだから、いい加減許してあげたら?」や「育ててくれた親を、そんなに悪く言ってはいけないよ」などと結果的にはまったく理解されず、母親のみかたをされてしまい、より一層深く傷ついていました。 

「親を大事にする」という世間の洗脳がある限り、一般的に毒親問題を理解してもらうのは、大変難しい世の中です。そのため、自分自身で「親が嫌い」という想いを許してあげることが、傷を癒す第一歩になるのです。

 

 

ご覧頂きありがとうございます