親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

家庭問題(親子・夫婦等)ヒトコト哲学 8 【父親が毒親についての対応】

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170528090651j:plain

 

本橋良太です

哲学シリーズ 家庭問題 主に親子や夫婦の関係について、簡潔にまとめました

 

  • 殺したい、殴りたい、憎しみなどを、毒親である父親に対して思うのは、ごく自然なことと認識する必要性があります。
  • 男性は心が成熟しないと極・甘えた行為を、毒親となって繰り返すようになります。
  • 父親が毒親である人は、100%相手にしない反応が大切です。
  • たとえば、父親に常軌を逸する暴力をふるわれているのであれば、迷うことなく警察に通報する。断定的な決断を突きつけなければ、毒親は自分の過ちを理解できないのです。
  • 毒親である父親は、見た目は大人で心は子どものまま成長していないだけ。成長していない責任が、子どもにあるはずもないのです。
  • 毒親には最後の最後まで対決する覚悟が必要であり、そして闘いの果てに毒親は子どもの頃から成長していないので、実はとても弱いことに気づくでしょう。
  • 父親が毒親になるケースは、無責任な甘えを妻に許されてきた過去があるので、当然、子どもにも身勝手な甘えの許しを求めたり、脅迫してきたりします。絶対に、相手にしてはいけません。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

 

『読者になる』登録よろしくお願いします

 

お弁当の記事を変更しました。

昨夜、新しくブログを併設したので、お弁当の記事は明日からスタートになります。

是非こちらも、閲覧していただけたら幸いです。(*´ω`*)

shanti2003.hatenadiary.com

 

嫁:もっちー