家庭問題(親子・夫婦等)ヒトコト哲学 2

夫:本橋良太です

哲学シリーズ 家庭問題 主に親子や夫婦の関係について、簡潔にまとめました

 

  • 家庭における精神的な病魔を治療しなければ、調和は成立しません。
  • 親の心しだいで、家庭は天国にも地獄にもなります。
  • 『子どものまま大人』が、家庭を崩壊に導きます。
  • 家庭の調和や至福は、常識を越えた先にしかありません。また常識は井戸端会議をしている人でも、知っているレベルです。
  • 家族を本当の意味で守るためには、勉強しなければ不可能です。
  • 夫婦関係の調和は、『思いやり』の前に『自己愛』が必要になります。
  • 子どもの反抗期はあって、当たり前ではありません。なくて当たり前です。責任を外に転嫁しては将来の家庭は、暗雲といえます。
  • 子どもに高をくくる親が将来、一人ぼっちになります。
  • すべて自分の責任。親がそう覚悟して生きると、子どももすべて自分の責任で生き始めます。
  • 家庭の余裕は絆から生まれます。お金からではありません。

 

今回もヒトコト(一言)ではありませんでしたが

ご覧頂きありがとうございます

 

記事UP:嫁