親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

劣等感を克服するためにピンドンを買ってみた

この記事をシェアする


f:id:shanti2003:20170325205340j:image

ドンペリニヨンロゼ(ピンドン)を飲みました

٩(๑>∀<๑)و♡

初ピンドンです。劣等感を克服するために。

 


f:id:shanti2003:20170325205349j:image

ドンペリも劣等感を癒すために飲んだことがありますが、私個人的な意見としてはピンドンの方が美味しいです♡

高級シャンパーニュをただ飲むのではなく、「自分は、高級なシャンパーニュを飲んでもいい人間なんだ~‼」って思いながらです。もの凄~い幸福感に包まれます(*´ω`*)

私は「自分なんて・・・」て思って生きてきたので、自信と活力が湧いてきます。

劣等感・自己無価値感がある人、1度試してみる価値ありますよ。

 

夫は「ピンドンは9年前後熟成されたものだから、¥30,000-を9年で割ったら1年で¥3,333-、9年も品質管理するのに年間3千円ぐらいなら安いんじゃない? 値段だけ見たら3万円は非常に高いけどさ~」と言っていた。普段から損得で物事を判断するタイプの人なので、ピンドンは非常にお得なものと判断したようです。

確かに定期的に病院に行って、心の不安定に効くと言われてる薬を処方してもらうより、はるかに格安。診療&薬代、バカになりませんよね(;´Д`)

ちなみにあの薬、飲んだらずーと飲み続けないといけないと、安定を得られないらしいです。病状を治さないで安定させるだけ、そして自己判断で止めたら、病状が悪化する・・・。そんなんで、私は病院には行ってません。

 

ご覧頂きありがとうございます