読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子問題&人間関係の追究

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究、そして自身も毒親にならないために苦悩中、思春期真っ只中の息子関連をブログで紹介

こういう人も毒親です

☆世間体に過度に怯えている人は、毒親の特徴の一つです。

 

☆夫婦の間が上手くいっている人に、毒親はいません。毒親なら、一見上手くいっているように見えるだけ。

 

☆子どもの幸せどころか、利用するしか考えない・利用すること自体、悪いこととも感じていない人は、毒親です。

 

毒親が欲しいのは、大きく2つ。

1.『子どもにとって自分が必要な存在である』という自己への価値観。

2. エネルギー

1はいくばしかの劣等感を癒し、2は無いと身体の病気になります。

なので、毒親は子どもに劣等感をもたせ、自分から離れないようにコントロールするのです。

 

毒親は子どもの幸せを、本当には願っていません。願えない・願う事が出来ないのです。なぜならば、親自身が不幸せだからです。

不幸せな人は、幸せな人・幸せそうな人を許せないから・・・。

 

★嫁の感想

私自身も不幸せと思う時期が長いことありましたが、当然、他人が幸せなのが受け入れられませんでした。「なんで私ばっかり」と悲しみと怒りが混ざった感覚です。

自分自身もそういうネガティブな感情は不幸を助長しますし、毒親にもなってしまいます。

まずは自分が幸福になる生き方をしましょう

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁