読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつ病を自力で乗り越えた、夫婦の気付き

夫が10年かけて本を読み勉強した知識や、13年間の結婚生活の中で起きた様々な問題(心療内科に頼らずに自力でうつ病を克服や、お互いの親と離別)を夫婦で乗り越え、そして気づいたことと、思春期真っ只中の息子関連を載せています

自分を取り戻した日

自分との関係

☆自分とは、『無条件で受け入れなければならない存在』の事です。

 

☆他人に自分の心を支配されないように生きる。幸せになるための一つの義務です。

 

☆自分の存在に対して、自己無価値感・自己無関心感を抱いてしまった責任は、周りにいた大人の責任です

 

☆世間や常識に流されないで、自分の『好き・嫌い』で意思決定を積み重ねる生き方をすると、自己無価値感や劣等感は少しずつ癒されます。

 

☆仕事では難しいケースも多々ありますが、プライベートの時間に『やりたくない事は断る』と勇気を持つだけでも、自己否定感や劣等感は癒されます。

 

☆親でも、兄妹でも、親戚でも、『波長(気)が合わなければ、会わない』という選択は、劣等感を癒します。

 

☆幸せは心が感じます。自分の存在を否定しなければ、心は自然と幸せを探してくれるようになります。

 

☆『楽しいな』『嬉しいな』と自分が感じている時に、そっと自分の体を抱きしめる。「私なんか・・・」と思っていたかわいそうな自分が、喜んでいるのを感じるはずです。

 

★嫁の感想

私が自分を取り戻せたと実感したのは、「死にたい」と思えなくなった時です。

20代後半は酷い状態で、何か些細なことがあっても耐えられず、すぐに「死にたい」とか「苦しい、生きていたくない」と眉をひそめうなだれていました。

今では、凄く落ち込んむ事があったとしても、「今、死んだらもったいない」「やっと自分らしく生きられるようになったんだから、もっと人生楽しまなければならない‼」と思っています。

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁