読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子問題&人間関係の追究

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究、そして自身も毒親にならないために苦悩中、思春期真っ只中の息子関連をブログで紹介

毒親とは‼

☆子どもにとって邪魔な存在にしかなり得ません。

 

☆自分の責任を免れるためならいかなる手段でも実行する人です。

 

毒親とは、将来を暗く不幸にしてしまう行動を、日常で定期的に繰り返していく人の事です。忠告しても辞めることが出来ません。

 

☆自身の稚拙さを認めないことで、毒親毒親たる自分を肯定しています。

 

☆自分自身が「毒親ではないのか?」という危機感のない人は、既に毒親である可能性が高いと考えられます。毒親は著しく自分を客観視することが出来ないからです。

 

☆子どもを温かく育てることが出来ません。子どもを一人の存在として、自分から切り離れている存在として、尊重が出来ないからです。

 

☆子どもに対して、親自身の人生を背負わせる欲望を捨てきれない、子どものような人を指します。

 

☆自分の自己無価値観を一時的に癒すために、子どもに対して劣等感を強く持つように迫ります。実際に言葉でも迫りますが、『無言の圧力』という方法をとる親が存在します。

 

★嫁の感想

正直、私の両親・夫の母親の事です。一つ一つにエピソードがありますが、載せると非常に長くなってしまうので、今のところやめておきます。機会があれば載せたいです。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁