読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子問題&人間関係の追究

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究、そして自身も毒親にならないために苦悩中、思春期真っ只中の息子関連をブログで紹介

自分らしく生きる為に必死に勉強して、実際に自分で体験してみて気付いたこと part2

☆人は自分で伝えた「NO‼」という言葉の中に、誇りを見出す生き物。

 

☆何も意見がないという事は、自分の存在も無いという事と一緒です。

 

☆自分の人生なのに親の言う事だけを聞いて生きていては、自分の本質が見つかる訳がありません。良い意見なら耳を傾けてるべきですが、自分の考えも信じてこそ本質が見えてくるものです。

 

☆自分らしさは、自分のやりたい事を自由に行うというより、これだけは絶対にやりたくないという事を責任もって断ることで手に入れられます。もちろん無責任な人は絶対ダメ、論外です。

 

☆幸せそうじゃない大人の言う事は、親でも学校の先生でも本気で聞いてはいけません。聞き流すか、せいぜい参考程度にした方がいいです。

 

☆嫌いな事は、「イヤだ」と相手の目を見て断るべきです。相手に対して『畏敬の念』をもって断ることによって、人は自分の本質を確立していきます。

 

☆人としての馴れ合いを卒業できない人は、本当の自分に出会うことも、大切な人に本当の自分を見せることも不可能です。

 

☆どんな自分でも良い、それが『私』と自信をもって言えれば幸せです。

しかし、どんな自分でもの『どんな』には、沢山の事を経験して失敗して泣いて悔しがった、味わい深い自分があったからこそ本当の人生。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁