親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

自分らしく生きる為に必死に勉強して、実際に自分で体験してみて気付いたこと part1

この記事をシェアする

☆自分らしく生きるには、親や世間・大人からうけた呪縛から解放される必要があります。

 

☆『自分らしく生きる』 聞こえは簡単そうですが、他人からどう評価されているのか?と気にしてばかりではとても難しい問題です。

 

☆『人に嫌われまい』と努力するより、『人に嫌われてもいいから本音で伝える』という努力をした生き方の方が魅力的。

 

☆建前ばかり言うと、自分の本質は消えていきます。本音を伝えて生きると大変嫌われますが、本質は輝きと誇りを有します。たった一度の人生です、後者の生き方が楽しいはず。

 

☆自分って何でしょう? ちっぽけですか? それとも、偉大ですか?

なんにせよ「皆もやっているから、自分もやる」という生き方で見つかる代物ではなさそうです。

 

☆『自由に生きる』ということは、他人に嫌われるという事です。

 

☆自由に生きる人を激しく妬む人がいします。本当は、自分も自由に生きたくて仕方がないのですが、劣等感を持っているがために世間の声を恐れ、動けないでいるのです。結果、自由に生きる人を批判したり妬みます。そして、自由に生きる人が自由に生きるために努力したり、時に大失敗することには無関心なのです。人を正しく評価することもできないまま、批判する・妬む人の末路は不自由のまま一緒を終わらせることになります。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁