毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究   10年かけて得た知識をご紹介します

アダルトチルドレンを育成してしまう親の特徴

☆子どものだららしなさを指摘する前に、大人がまず自分の反省をチェックしなければ、子どもを誠実に育てることは不可能です。

 

☆親が自分自信を愛せない・自信がないというしわ寄せは、必ず子どもに行きます。子どもが自分自信を愛して自信を持とうとすることを、親は潜在意識の中で許せなくて、「子どもだけ幸せになってズルい」となってしまうのです。

 

☆親が自分の弱さを隠して自分の力を誇張したとき、子どもは親を軽蔑します。普段は上から言ってくるけど、本当は自分よりも弱い人だと気づくからです。

 

☆「子どもだから」という理由で親が子どもを軽く扱っていると、将来「老人だから」という理由で親を軽く扱います。

 

☆世間体に弱い親は、まだまだ子どもです。子どもを育てる力が育っていません。今からでも遅くはないので、世間体を気にしない自分を育てる必要があります。

 

☆子どもの精神的な問題に対して、正しい(薬は使わない)対処方法が存在しています。しかし、そんな我が子に見て見ぬフリをしてしまう親では、どんなに良い方法であったとしても、改善は難しいです。

 

☆大体の親は、自身の子育てを間違っていないことを信じてます。それは大問題です‼間違った子育てをされた子どもは、悲しくて、苦しくて、辛い時間を過ごしてきたのに親は一つも反省していない、その姿に子どもは傷ついています。

 

☆親というだけで「好きにならないといけない」という心の強制は、大きく間違っています。誰であっても(例え親でも)、不誠実な人を好きになってはいけないと、親は子どもに教えるべきです。

 

☆未熟な親は子どもの成長を受け入れられません。体と心が育ってしまった子どもに、愛のない行いをしてしまった負い目がある分、捨てられる恐怖があるからです。

そのような親は、子どもに捨てられないように様々な手段で「お前は価値が低い」というメッセージを送り込みます。子どもに自尊心が育っていなければ、将来親を捨てるという行いが不可能であると、潜在意識の中で理解しています。

 

 ★嫁の感想

このタイトルに対しての内容は、ほんの一部分のさわり程度です。

成人しても子どもの頃のトラウマを引きずり、社会に適合できず苦しんでる人がアダルトチルドレンなので、もっと酷い家庭環境だったと思います。

もう少し深い内容で載せたり、私や夫の経験談を載せたいとも思います。

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁