親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

良くない人間関係は、とっとと断ち切ることをお勧めします

この記事をシェアする

☆仲良しこよしは辞めましょう

本当は嫌い会っているのに、一人になる勇気がなくて付き合っている関係は、憎しみしか生まれません。自分も、自分の大切な人も不幸にしています。

『幸せ』って難しくありませんよ。会いたい人と毎日会って、会いたくない人と会わない事です。

 

☆3回、耐える

義理で会わないといけなかったり、血縁関係だから会わないといけない。でも、会いたくない。でも、会わないと陰口や悪口、嫌味を言われる・・・

そのような人たちとは、絶対に会ってはいけません。大変なのは3回だけ耐える期間です。3回断れば、相手にとって会わない関係が当たり前になるからです。大丈夫、会わないだけで悪口を言う人と付き合っていても、幸せになることは100%ありません。勇気を持って断りましょう。

 

☆残念ながら『クズ人間』は存在する

人として『どうしようもないクズ』は、残念ながらたくさん存在しています。素晴らしい心を持っている人が、愛のないクズ人間に嫌なことをされるこの世の中は、100%間違っています。しかし、それが今の世の中です。

その中で、誠実な人が幸せに生きるコツは、『どうしよもないクズ』は、確かに存在しいると覚悟を決めることです。相手は反省出来なから『クズ』な訳で、その人のせいにしても始まりません、うまくかわして相手にしない事です。

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  文編集・記事UP:嫁