あげまんとおしゃぶりマン

どんなに偉い人でも、男は女がいないと生きていけない。はじめはお母さん、そして成長していくにつれて、彼女や奥さんへと変わっていく。一生涯、寂しがり屋で甘ったれで、おしゃぶりをして女に守られていたいのが男である。

ただ、あげまんはおしゃぶりを手放せない男が大っ嫌い。本当はおしゃぶりを手放したくないけれど、頑張って手放す努力をしている男に惚れる。

おしゃぶりなんて欲しがっている訳がないと、自信に気づけていない男は、あげまん的には論外です

 

ご覧頂きありがとうございます

 

文:夫  記事UP:嫁