読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親子問題&人間関係の追究

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究、そして自身も毒親にならないために苦悩中、思春期真っ只中の息子関連をブログで紹介

健康系 ヘルス!3 『健康ブーム』

☆健康にまつわる哲学 本当に健康な人は、「健康ブーム」に参加することはありません。 健康=寿命ということに、真に気づいているからです。 ご覧頂きありがとうございます 夫 記事UP:嫁

健康系 ヘルス! 2

食品添加物・化学調味料・酸化した油・動物性タンパク質。 これを全て混ぜて温めたら、良い臭いはしないと誰もが理解できるはずです。体内でも同じことが起きている人は、今現在とても多いのです。 ご覧頂きありがとうございます 夫 記事UP:嫁

夫:本橋良太の今日のつぶやき 14 

悲しい過去は変えられます。今、幸福になれば、全ての過去がオセロのように、喜びにひっくり変えるからです。 人は、心を成長させる気持ちがなくても、自然と成長します。ただし、無理やり成長させる現象も起きます。自然と成長するのか? 無理やり成長させ…

夫のゆる~い哲学 5

ゆるテツ 嫁に「君は本当に男の気持ちがわからない人だね」と言った後すぐ気がついた。 このセリフ、男性は死ぬほどカッコ悪い。女性が男性に「あなたは本当に女の気持がわからない人ね!」はサマになるのだけれど・・・。 女性が男性の気持ちを理解して、許…

夫:本橋良太のつぶやき 13

『つまらない』ではなく、楽しいことに気づく能力が乏しいだけ。 お金は、いつの時代も現在も「魅力」と交換されています。 魅力とは、過去の経験と将来性。そして、今の輝きのことです。 嫌な人に「イヤな人だね」と、たまにはいいましょう。言われないと気…

夫のゆる~い哲学 4

ゆるテツ 好きな人って良い匂いがする。 愛犬もかなり個性的な臭い(特に耳の中ね。)なんだけれど、なんかハマる匂い。 その愛犬はベッドを占領していて、僕が疲れてそのベッドに突っ込むと、例の臭いに包まれる。なぜか安心する。臭幸せ(くさしあわせ:夫の…

夫:本橋良太のつぶやき 12

振動数が下がる人とは会わない。会う必要はない。会ってはいけない。これからの常識になります。早く始めたほうがお得です。 「本当なのだろうか?」と突きつめていくと、自分と関係している真実が用意されていることに驚かされます。 孤独とは、一人になる…

夫:本橋良太のつぶやき 11

強く生きる。それは自分の弱点を強くすることではなく、許すことの意味です。 誰かに幸せにしてもらおうと考えている人が、自分と他人を不幸にします。 なんとかやめなくてはいけません、ルサンチマンを。 本気で子供の幸せを考えている大人は、あまりいませ…

夫のゆる~い哲学&健康系 ヘルス

☆ゆるテツ 3 よく嫁に「嘘つき」と言われる、もしくは、言いたそうな表情を見る。 事実としては全然、嘘ついていないのに。(嫁のほうが、よく約束をやぶる、、、。) 女性の「嘘つき!」発言は男性の今と過去に「嘘をついているでしょ!」との指摘・怒りも…

夫:本橋良太のつぶやき 10

幸せは「気づき」のことです。気づこうとしなければ、幸福は見えません。 結果ではなく、どのような気持ちで行ったのか?に関心的なリーダーがリーダーです。 将来、幸せにならなそうな人とは、1秒も会う必要などないのです。家族でもです。 今の「食」が未…

夫:本橋良太のつぶやき 9

価値ある勉強は、今すぐには役立ちません。10年後です。今すぐに役立つ勉強には、大きな価値はありません。 老人の幼児性を見抜ける人は、慧眼の持ち主です 「怒ってはいけない。」「怒るべき。」は、両方正しいのです。愛があればの話ですが。 子どもの無邪…

夫のゆる~い哲学 2

ゆるてつ2 学生の頃、大好きだった女の子が僕に手をふってくれていると思って、喜んで手をふりかえしたら、後にいた女の子にだった。(よくある話だよね) 35年生きてきて、このこと以上に恥ずかしかった思い出、ないな~。 最高の至福が地獄に瞬時で変化す…

夫のゆる~い哲学 ゆるてつ.1

ゆるてつ 「嫌われると嫌だな~」てずっと思ってたけれど、嫌われたら嫌われたで好きなことできる時間が増えて、良かったと思うこと多々あります。 ご覧頂きありがとうございます 夫のつぶやき 記事UP:嫁

夫:本橋良太のつぶやき 8

「今」のその人ではなく、その人が見ている「先」を感じられる人は運気がとても強い人です。 自分は本当は何がしたいのか?をわかる責任は全員にあります。幸せにならなければならないからです。 歩きスマホをする人よりも、素敵な異性を探している人(ナン…

夫:本橋良太のつぶやき 7

人の話を聞くことは、自分の内なる声に素直でないと難しくなります。 不幸な人は、人から何かしてもらうことに当たり前という、意識があるのです。 してあげた話は、不幸な人の特徴です。 何度でも言いたい、知ってもらいたい、不幸は伝染します。 人の経験…

夫が母親と離別した後、母親について振り返る

☆私(夫:本橋良太 以下省略)が小さいころ、母は父の給料が少ないと文句ばかり言っていましたが、自分が外に働きに出ることもなかなかせず、近所のママ友とお茶会ばかりしていました。 専業主婦でいる事、お茶会をする事が決して悪い事ではありません。文句を…

夫:本橋良太のつぶやき 6

学校の勉強は、バカになるための勉強です。 群れて生きている人は、群れていることに気がついていません。 信じる、信じないは重要ではありません。人は真実を前にしたとき、信じざるを得なくなるからです。 信じたい気持とは、どんな人の心が生じさせるので…

夫:本橋良太のつぶやき 5

人に、「自分で生きていることに罪悪感をもたせれば、どんなに平安を得られるのか?」と、考えて行っている人がいまです。 魅力は必ず輝いています。目に見える光です。 人は、『感謝する人』『当然だと思う人』『不満を言う人』、この3つしかいません。 迎…

母と縁を切った今、とても楽ちんです

母と縁を切っていますが、恨んでたり、怒っている訳ではありません。 反対に感謝をしています。会ったら普通に話せます。 ただ、やはり縁は切れています。 無関心という感覚で、『会いたくない』ではなく、『会う必要性がない』という感覚なのです。 とても…

夫:本橋良太のつぶやき 4

人の言葉のなかに、相手も気づいていない隠された欲求に気づこうとする姿勢が、良好な人間関係の根本になります。 自分の世界観のなかに、立場の弱い人たちに対する慈悲ある考えは、結局は自分を救うことになります。 真実は、真実を知ろうとしなければ永遠…

夫:本橋良太のつぶやき 3

幸福は目に見えません。 お金があったら幸せという人は、お金がない幸せを見落としているため、お金が入ったら不幸せになるのです。 気づこうとしない人に、何を言っても理解しません。気づきの半分に義務が入っているからです。残りの半分は権利です。 立場…

夫:本橋良太のつぶやき 2

表面上のことだけで判断し決定すると、その後エライことになります。 言葉そのものよりも、言葉で変えられる現象に人は驚きます。 輝きがないということは、未来も暗いということです。 世間に弱い人は、意識が24時間365日、地獄です。 過去の不幸せは、他人…

夫:本橋良太のつぶやき 1

どんなに苦しいことがあっても、次の準備をするだけでその苦しみの半分は解決したようなものです。 義務を放棄すると、その義務が利息をつけて追いかけてきます。 プロ意識がないということは、仕事ではないということです。事に仕えるから仕事です。 世間の…