親子問題&人間関係の追究

毒親・老害・家庭崩壊・自分らしさについて

毒親に育てられた夫婦が、アダルトチルドレンを克服するために始めた追究10年かけて得た知識をご紹介します

エッセンス

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 5 【親にも他人にも舐められてはいけない】

本橋良太です実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』 あなた自身が「もう無理」と思うのなら、実の親であろうが縁を切っても良いのです。 しかし毒親問題は、縁を切る、切らないよりも、親に「縁を切れるほどの覚…

大人になり始めた子どものことが「わからない」と怖くなる親の心理とは?

子どもの心が理解できないとき、親は恐れを抱きます。 なぜ「わからないのか?」その原因は大きくわけて二つです。 親の心が成熟していない 子どもの心に本当の意味では無関心で接している この二つの問題をこれからも放置し続けると、親子関係の破綻・家庭…

家庭問題の解決エッセンス 7 【常に子どもを他者と比較し続ける親、比較され続け精気を失った子ども】

なぜ未熟な親は、兄弟姉妹・友達やご近所の世間と比べるのでしょうか? それは、子どもを比べることで劣等感をあたえ、親が子どもから尊敬される・好かれているという実力を無視した形で、思い通りに動かしたい欲求をもっているからです。 この欲求は、完全…

誰でもできる!幸せな家庭のつくりかた 1 【幸せな家のトイレはいつもピッカピカ!】

本橋良太です 哲学新シリーズ 自分も大切な家族も、みんなが幸せになれる方法をご案内いたします トイレで食事ができるぐらいにピッカピカに掃除をすると、家庭の健康とお金の豊かさ、そして大きな問題だったことが小さくなるという状況が必ずきます。 トイ…

精神問題の哲学 25 【なんとなく生きて、なんとなく死んでしまう人生をやめる】

本橋良太です哲学シリーズ メンタル・人間関係・アダルトチルドレンなどの問題をまとめました 「なんとなく生きる」ことに人間的な罪はありません。 しかしなんとなく生きる人は、自分の周りに人も、自分自身ですら助けることはできません。 「助からない」…

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 4 【子どもに恥をあたえて「私は大人」を得る毒親の行動】

本橋良太です実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』 私は 人や車通りのよい道沿いのマンションの4階に住んでます。自宅前には結構広い駐車場があるのですが、そこでとある母親が小学3年生くらいの娘を強く叱責し…

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 3 【毒親に育てられた「私」がまずすること】

本橋良太です実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』 自分の傷を世間に評価される必要はない 自分の親が毒親だと気づいたとき、まずするべきことは「よく今まで過酷な環境で生きてきた」と自分自身を心から褒め、…

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 2 【自分の人生の責任を、子どもに背負わせる猛毒な親たち】

本橋良太です実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』 毒親問題に苦しむ人が知って欲しいこと。 毒親は「自分が犠牲になることを極力避ける」という生き方しかできないことです。 人生は生きるだけでも様々な責任が…

精神問題の哲学 23 【苦しみの人生を解放するとき】

本橋良太です哲学シリーズ メンタル・人間関係・アダルトチルドレンなどの問題をまとめました 人生の怒り、悲しみ、苦しみ、悶絶するようなネガティブな心理の解放を終えると、今まで気づかなかった調和、安らぎ、明るさ、幸せ、感謝すべきことが実際に体感…

毒親・毒祖父母・家庭の猛毒に苦しんでいる人へ 1

本橋良太です 実際に家庭の猛毒に苦しんでいる方に向けて、『自分らしく生きるためのエッセンス』 毒親解放、まずどうするのか? 毒親問題で苦しんでいる人生は、「本当の自分の生き方、本来の自分の人生ではない」と固く決意することが、解放の第一歩となり…

家庭問題の解決エッセンス 6 【逃げる親の正体とその愚行】

家庭のなかで優遇される位置を確保しながらも、大きな責任をとわれる危険を感じたら誰よりも早く逃げる親が存在します。 この親は自分の器を熟知しており、顕在・潜在意識の両方で支配的な態度をとっておきながらも、身の丈をこえたトラブルが起こると真っ先…

自分らしく生きるためのエッセンス 13 【世間体ばかりを大事にする人と交流していても、幸福感は得られません】

人間関係において、いかに相手が「世間をとる人なのか?」を感じとる能力が必要です。 なぜなら世間をとる人は、人を利用することしかできないからです。 世間には顔や心がありませんが、巨大です。あなたには当然顔がありますし、一人の小さき偉大な存在で…

自分らしく生きるためのエッセンス 12 【「誰も自分には興味がない」が人の魅力を高める】

「他者になにも与えようとしなければ、自分以外の世界から興味をもたれるわけがない」という心理を持ち合わせていなけば、将来じり貧になっていきます。 なにかポジティブな要素を自分以外の世界にたいして、「与えよう」という想いや行動がなければ幼児と変…

自分らしく生きるためのエッセンス 10「答えがもらえるのは当然」という心理と無料情報依存症

私たちの世界は、質問をしたら答えが返ってくるのが当然というシステムに浸かって、そのまま死ぬまで生きていくのが現状となっています。 小さいころから、そして大人になっても、わからないことがあれば親に聞き、学校の先生に聞き、職場では上司に聞く流れ…

家庭問題の解決エッセンス 5 【家庭の幸福を狙う、わがままな身内ゾンビの対処法】

答えは、関係を切るだけです。 関係を切る条件は、私情ではなく自分と自分の家族を守るためです。 ★幸福な家庭にはエネルギーが必要★ 家庭には衣食住の保全だけではなく、精神的エネルギーが多大に必要になります。 とくに安らぎを感じる、調和した家庭をつ…

自分らし生きるためのエッセンス 8 【強い劣等感から自己評価が下がってしまった人がとりやすい行動とは? part2】

前回は~安易に他者から評価を求める人の問題について~を説明しました。 shanti2003.hatenablog.com 今回は~安易に自分で自己評価の上げる問題について~を説明いたします。 ~安易に自分で自己評価の上げる問題について~ 「そのままでは、生きていてはい…

家庭問題の解決エッセンス 4 【無責任に献身さを求める心理を家庭から追い出せ】

★未熟な精神を外に追い出す★ 家庭問題において『未熟な精神を外に追い出す』とは、「幸せな家庭」「幸せな家族」のビジョンから考慮すると、知っておかなければならない最も重要な項目になります。 その未熟な精神の代表が『無責任に献身さを求める』です。 …

自分らしく生きるためのエッセンス 7 【強い劣等感から自己評価が下がってしまった人がとりやす行動とは?】

~安易に他者から評価を求める人の問題について~ ★自己評価を上げたい★ 劣等感を強くもっている人は、「自己評価を上げたい」という欲求の衝動に耐えることができません。その意味する大きな問題は、自分と他人との円滑なコミュニケーションが困難という状…

家庭問題の解決エッセンス 3 【毒親から逃げられないとき、どうするのか?】

毒親と一緒に暮らしていたり、別々で暮らしていても日常的に交流を続けている限り、子どもは絶対に幸せになることはありません。 なぜなら、毒親は子どものエネルギーを奪い、自身の心を安定さながら生きているからです。 毒親にとって心の安定が崩れてしま…

家庭問題の解決エッセンス 2 【家族が家庭に対して無関心な問題をどう克服するのか?】

誰もが安らぎのある家庭を求めます。 現状は、誰もが安らぎのある家庭で暮らしているわけではありません。 原因はさまざまですが、家族が家庭にたいして無関心という心の病気を患っていることが、大きな原因の一つとしてあげられます。 家庭にたいして『無関…

家庭問題の解決エッセンス 1 【母なる愛を得られなかった男性が、幸せな家庭をつくる考え方】

答えは「断念」です。 母なる愛情を満足にもらえなかった男性は、自己評価の低さから女性よりも権力志向になり、名誉を求めて功名心を捨てられません。 しかし、健全な家庭に必要なものは、愛です。 権力や名誉を求める心をもっていれば、自然と家庭は不調和…

自分らしく生きるためのエッセンス6 ≪イニシアティブをとる責任に気づく力≫

無責任さを回避するための力。 多くの人は、求めることは得意でも、やるべき義務のこととなると 「今までの勢いはどうしたの?」と思うくらいに静かになります。 単純に責任をなるべく小さくして、得るものは大きくしたいという気持ちからでしょう。 やはり…

自分らしく生きるためのエッセンス5 ≪いつも責めるだけで終わる自分を超える力≫

人は「反省をしたくないから自身を責める」 なぜか? 答えはシンプルです。責めることは無責任であり、反省は自己責任がないと不可能だから。 そして、反省は義務だらけです。しかし、責めることはただ責めるだけ。 自分を責めてばかりいる人は「楽だから」…

自分らしく生きるためのエッセンス4 ≪心のなかで舌をだす人生をやめる力≫

自分を誇りに思えるために必要な力です。 自分を傷つける行為のなかで、最も最悪なものは迎合です。 迎合とは、自分の魂を傷つけて再起不能にする悪い力をもっています。 好きでもないのに、好きという。 愛していないのに、愛しているという。 なぜか? 本…

自分らしく生きるためのエッセンス3 ≪無意識に群れるという習性を捨てる力≫

群れて至福を得た人間は存在しない。 なぜでしょうか? それは無意識にある自分自身の根源的な弱さに気づいている人が、群れるからです。 でも、過度に悲観する必要性はないです。 世の中のシステムは群れるようにつくられていますし(特に学校、等々)、 ほ…

自分らしく生きるためのエッセンス2 ≪親に感謝という常識を超える力:本当に自分を愛するために≫

親よりも、自分を大事にしなければいけません。 なぜか? 自分を愛さなければ、やさしい親であっても自分を守る力がないからです。 逆に、不誠実極まりない人間性の低い親だったら、利用されて人生を終えてしまいます。 世の中は、「無条件で親を大事にしな…

自分らしく生きるためのエッセンス1 ≪縁を切る力の必要性:大切な存在を守るために≫

縁を切る力がない人は、誰も守ることはできません。 「なぜ、縁を切らないと守れないのか?」 それは悪縁ともいわれれる縁をつないでいると、人はどうしても依存するからです。 依存からもたらされる悪影響は数え切れません。 無責任・甘え・中途半端・権力…